『ハリーポッターがどこに住んでいるか分かりました!』の「分かる」「知る」の使い方

『ハリーポッターがどこに住んでいるか分かりました!』の「分かる」「知る」の使い方

 

わたくし、USJ (Universal Studio Japan)に行って参りました。

そうです。“The Wizarding World of Harry Potter” を見て来たのですよ。

まあ、何と言ってもこの炎天下です。

いくらハイランド風に針葉樹の森があったって、

いくら街が雪景色だからって、

実際には暑いのなんの、その上かき分けるような人の多さで

もうフラフラになりながらの体験でした。

極め付きは何と言っても

ハリー・ポッターと禁じられた旅 (Harry Potter and the Forbidden Journey)

もうあと数十秒長ければ、

わたしは再起不能に陥っていたのではないでしょうか。

かなり三半規管が破壊されました。もう二度と乗りません。

 

という訳で、今日の言葉とハリーには何の関係もないのですが、

ちょっと自慢したかったので書いてみました。

今日の言葉

ハリーポッターがどこに住んでいるか分かりました!」=  “I found out where Harry Potter lives!

のポイントは「found out」。

知る」とか「分かる」という意味で使う言葉です。

ただの「find」とは違います。

まず「find」は偶然や、経験から何かを知ったり発見したりする感じ。

find out」は自ら何らかの働きかけをして、調べた結果得られる情報。

この違いを頭に置いておいてください。

その上で、「find out」はいろいろと使い回しが効くので

どんどん使ってみましょう。

例えば

I found out why he didn’t come today.“ =「なぜ彼が今日来なかったか分かりました。

のように「why」や「where」を付けてみてください。