おめでとう!すごいじゃん!(すごいですね!)

おめでとう!すごいじゃん!(すごいですね!)

パラリンピック、スゴいですね!

メダルラッシュです!

見てると、一般のスポーツよりも激しく、過酷なように思います。

スピードだって速いんじゃないの?

とにかく感動します。

おめでとう! ほんとにスゴい!

 

ということで今日は「おめでとう!」です。

これはおなじみの決まり文句ですし、

誰かにこの言葉を投げかけることは非常に多いと思います。

“Congratulations!”

ただ、「Congratulations!」とだけ言うと、後が「………」

になったりして、何か付け足したい感じになりますね。

かといって「おめでとう!おめでとう!」と連呼するのも変。

ここで「おめでとう!スゴいじゃん!」

などと言えると、ちょっとランクアップした気がします。

“Congratulations! That’s great!”

なんて言ってみましょう。

 

ちなみに、Congratulations! 「S」を忘れないようにつけてください。

これがついてるかついてないかで、正しい英語をしゃべる人なのか、

そうでないのか分かっちゃったりします。

「s」はなくても通じるでしょうが、そこらへんは抜かりなく!

「s」がないと「おめで!」みたいな感じですからね。

 

*動画は「まだ決めていません」のページにあります。

あわせて見てください。

 

あわせて読みたい関連記事: