『どれくらい行ってたの(ですか)?』

『どれくらい行ってたの(ですか)?』

今日のワンフレーズ: どれくらい行ってたの(ですか)?

「away」は「留守にする」というニュアンスで

 

ちょっと旅行に行ったりして、おみやげを渡すと

どれくらい行ってたの?

と訊かれます。

 

自分自身も、誰かからおみやげをもらうと

つい訊いてしまいます。

 

日本語では簡単に尋ねられるこのフレーズなんですが、

英語にすると、あれ?

行ってたの?」は何て言うんだっけ? となることも……。

 

まあ、当然いろんな表現があっていいのですが、

今日は最も一般的な聞き方を覚えましょう。

 

「どれくらい行ってたの(ですか)?」

= ”How long were you away for? “

 

away」は「ここを離れている」「留守にする」というニュアンスです。

なので、実際の日本語は

どのくらい留守にしていたの?」という意味になります。

 

そして、ちょっとこんがらかるのが「for」でしょうか?

この「for」はどこにつながっているのか。

 

それは「期間」「どれくらいの間」という意味なんですね。

for ◯◯」で◯◯には日数や時間が入ります。

 

ということで、

How long were you away for ?” と尋ねられたら、

答えるときは ”I was away for 3 weeks.” などと言います。

 

たまに「For how long were you away?」と言う人もいます。

for」を最初に「how long」にくっつけてしまえば、

 

あとで「for」をどこに入れればいいのか迷わずにするから

言いやすいかも知れませんね。

 

 

あわせて読みたい関連記事: