『He has an attitude (a bad attitude).』

『He has an attitude (a bad attitude).』

 

attitude

 

 

 今日のワンフレーズ英語  : 『He has an attitude (a bad attitude).』

「attitude」にはフラットな意味からマイナスなイメージへの変化がある

 



普通に「attitude」というときは、

(相手に接しているときの)「態度」「姿勢」など

立ち居振る舞いのことを示します。

バレエのポジションでもアチチュードというのがありますね。

そこには特に良いも悪いもなく、

フラットな意味で使われています。

ところがどうしたことか、

「attitude」には「横柄な態度」「生意気な態度」というような

あまり良くない意味も含まれています。

 

“He has an attitude.”=「(彼は)態度が大きい、悪い。」

 

日常会話で、「あいつ生意気だよな」などというときに使われます。

この意味の飛躍、ちょっと想像がむずかしいので、

わざわざ覚えておかないと使えないですよね。

 

ただ、救われるのは

「attitude」の前に付けるものによって

プラスの意味にもマイナスの意味にも使えることです。

例えば

“He has a good attitude.”=「彼は態度が良い」「彼は良い考え方をしている」

“He has a bad attitude.”=「彼は態度がでかい」「彼はひねくれた考え方をしている」

となります。

特殊な例として

“He has an attitude.” は「あいつは態度がでかい」という意味になる

と覚えておきましょう。

 

このフレーズの応用で

“He has an attitude problem.”=「あいつは態度に問題があるね」

というようにも使えます。

態度の悪い人とセットで覚えると覚えやすいかも…。です。