『He is funny as hell.』地獄のようにおもしろい?

『He is funny as hell.』地獄のようにおもしろい?

 

今日のワンフレーズ英語 :『He is funny as hell.』

「hell〜」は日本語の「オニ(鬼)〜」と同じ!…かな

 

「あの人超おもしろい」とか「これ超おいしい!」なんて言葉をよく使ったものです。

今は、同じ意味で、主に女の子たちが「あの人オニおもしろい」とか「これオニウマ!」

とか言ってますよね。

で、今日の言葉

He is funny as hell.” =「彼はめちゃくちゃ面白い。」なんですが、

この「hell」が、実はギャル語の「オニ」に当たるんじゃないか、

と思う訳です。

もちろん、英語の「hell」は「地獄」という意味で、

本来の意味からは外れたところに使ってるんですけど、

それは日本語でもよくあること。

当たり前に「very」だの「super」だのを使って

「He is very funny.」(彼はとても面白い。)では

とてもじゃないけど表現しきれない、

とんでもないほどの彼の面白さを伝える際に、

「怖いぐらい〜だ」「恐ろしいぐらい〜だ」という表現をよく使います

恐らく、「オニ」も「hell」もこの辺りから出て来た表現なんだろうと思います。

っということで、

「素晴らしさを強調するとき」には

唐突に「hell」が出てくることがありますので、

是非覚えておいてください。

蛇足ですが、

日本語の「オニ」は、若ぶって使うとたぶん失敗するので、

やめた方が良いと思います。