『He’s very nice.』と日本語の「ナイスガイ」は同じでしょうか?

『He’s very nice.』と日本語の「ナイスガイ」は同じでしょうか?

「nice」は「好い」と書く!

 

nice」は「良い」という意味で使いますよね。

「He’s a nice guy.」とか「It was a nice restaurant.」などを見ると

nice」を使って表す「良い」は、どんな「良い」なのか、

何となく分かると思います。

「He’s a nice guy.」で「彼はいいヤツなんですよ。」

「It was a nice restaurant.」で「いいレストランだったね。」

と、どちらも、何となく心が温かくなるようなフィーリングがあります。

漢字で書くと「好い」という方が合っているような気がします。

客観的な良さではなくて、かなり好意的な目をもっているんですね。

なので、

He’s very nice.」は「彼はすごくいい人です。」という感じになるんです。

 

ということで、日本語英語の「ナイス・ガイ」は

「いい男」というニュアンスで使われているので、

少しばかり意味が違います。ご注意を!

 

 

 

 

あわせて読みたい関連記事: