I don’t like ◯◯ so much. / I don’t like ◯◯ that much.

I don’t like ◯◯ so much. / I don’t like ◯◯ that much.

今日も良いお天気です。

窓を全開にしてお気に入りのコーヒー飲みながら、昨日手に入れた植木なんぞ眺めていたら、

階上から布団をたたくけたたましい音がして、ばっさばっさとホコリが落ちて来るではないですか。

「何をする!!?」

一気に気分が削がれてしまいました。

だいたい、今時布団を干すな! うちにはレイコップがあるもん!

 

さて、そんなのはどうでもいい。

今日は

I don’t like ◯◯ so much.

I don’t like ◯◯ that much.

このふたつの違いについてです。

見ての通り、違うのは「so」なのか、「that」なのかだけです。

おそらく、区別して使っている人は意外に少ないのではないかと思います。

“I don’t like ◯◯ so much.” =「私は◯◯がそんなに好きじゃない。」

 “I don’t like ◯◯ that much.” =「私は◯◯がそこまで好きじゃない。」

こんなふうになります。

「そんなに」と「そこまで」の違いのニュアンスをお分かりいただけたら幸いです。

 

「that much」 で思い出すことがあります。

昔職場に、盾にも横にも、もの凄く大きな体のオーストラリア人がいました。

ある日その男性が、同じ課の、すんごく可愛いちっちゃな女の子にプロポーズしたと打ち明けられました。

私は一瞬、その二人のギャップを思い浮かべて絶句してしまいました。

そしたら彼が悲しい顔をして

“Am I that bad?” =「僕ってそんなにイケてないかな?」と言ったのです。

あのとき、ほんとにごめんなさいと思いました。

そういう意味で、「that」は思い出深い単語です。