『I feel like shit.』✗✗のような気分

『I feel like shit.』✗✗のような気分

 

feel like shit

 

 

今日のワンフレーズ: I feel like shit.

友達同士なら普通に使って大丈夫。

 

shit」というのは、

まあ、音的にもちょっと汚い感じがするので、

お嬢様方は、お控えになった方が良いでしょう。

しかし「shit」は

ネイティブの人にしてみれば、

あら言っちゃった、というぐらい

なにげに口から出てしまう単語なんです。

 

なので今日のフレーズ、ネイティブは

友達同士なら普通に使っているので、

覚えておいてもいいと思います。

 

“I feel like shit.” =「最低、最悪の気分だ。」

 

これは、風邪を引いた時など、

体調がめちゃくちゃ悪い時に使います。

 

そもそも「shit」は

「うんち」「糞」を筆頭に、汚いものを指す言葉です。

 

日本語の「クソっ!」とまったく同じ使われ方で、

罵りの言葉としても一番使用頻度の高い単語じゃないでしょうか。

 

やたらめったら何にでも「shit」をくっつけてしゃべる人もいますが

一般の善良な家庭では、せめて子供の前では使わない

先生や上司の前では使わない、そんな類のもの。

 

その辺りを頭に置いたうえで使ってみてください。

 

あ、そうそう。

これはアメリカでは有名な日本人ジョーク。

 

ある日本人観光客が、ニューヨークでタクシーを拾いました。

日本人は自分でドアを開けてドライバーに尋ねます。

“Can I shit here?” 

ドライバーは血相を変えて

“No shit here!” 

と叫んで乗車拒否。

さっさと行ってしまいました。

日本人観光客は何が悪かったのかわかりませんでした。

 

あるよねえ〜〜!

sit(sɪt)」と言ってるつもりで「shit (ʃɪt)

と言っちゃってるんですね。

ドライバーさんには「ここにうんこしてイイ?」

と聞こえたんです。

 

くれぐれも気をつけましょう。