『朝ごはんをたくさん食べました』確かにデカいアメリカンブレックファスト!

『朝ごはんをたくさん食べました』確かにデカいアメリカンブレックファスト!

 

「たくさん=デカい」なら「少し=小さい」?

さて、いきなりですが

朝ごはんをたくさん食べました」は英語で何と言うでしょう。

I had a big breakfast.” なんて言ったりするんですよ。

これ、直訳すると「大きな朝ごはんを食べました」ですよね。

実に面白い表現です。

まあ、普通に「many」を使うことだってあるんですが、

big breakfast」というのが、とても明るくて可愛いでしょ?

こういうのって英語らしいなあ、と思うのです。

まあ、確かに本当にその量を見ると「big!」という表現が大正解だと思いますけどね。

「朝ごはんをたくさんたべたから、お昼はいりません。」

というときなどに使えますよ。

さらっと言えるように覚えておきましょう。

 

ところで、「たくさん」が「big」なら、「少し」は?

もちろん「small」で大丈夫です。

朝ごはんを少しだけ食べました。」= ”I had a small breakfast.

 

ちなみに、ダイエットを目指すなら、朝ごはんを少し

つまり「small breakfast」にするのが良いそうです。

朝ごはんを少しにすると、後でその分を補うほど食べるんじゃないかと思われていますが

実のところ、そうはならないことが研究で明らかになったとのこと。

朝ごはんの量を減らすと、結果的に1日に食べる量も減って

減量につながるんですって。

みなさん、「small breakfast」を心がけましょう!

 

 

あわせて読みたい関連記事: