今夜は早く帰らなきゃいけない。

今夜は早く帰らなきゃいけない。

これは MUST です。

◯◯しなきゃいけない。」という言い方はしょっちゅう使う表現なので、

絶対に覚えておかなければなりません!!

 

偶然、一番最初に “must” と言いましたが、

◯◯しなきゃいけない」と言うとき、アメリカでは大抵「have to〜」を使います。

今夜は早く帰らなきゃいけない。」= “I have to go home early today.

must」を使うんじゃないの?と思う方もいらっしゃるでしょうが、

アメリカ口語ではほとんど使いません。それに比べ、

イギリスでは「must」を使うことがが多いようです。

すなわち、”I must go home early today.” です。

その他、公的文書などに用いる場合も「must」が使われます。

自分はアメリカ、イギリスどっち派なのかにより、

ここは表現が分かれるところですねえ。

 

まあ、よく言われる二つの表現の違いとして、

「must」は自ら望んで選択している場合。

話し手自身が「やらなくちゃ」と思っている場合で、内側からの圧力によるもの。

「have to」は環境による選択。

他の何らかが原因で「やらなくちゃ」という状況になる場合で、

外側からの圧力によるもの。

こう分けられているようです。

だから、何でもかんでもどちらかというふうには決めない方が良いのかも……、

ですね。

こんなふうに考えると、アメリカ、イギリスというより、

性格の違いで表現が変わるのかも……。

かも……ばっかりですみません。

 

 

あわせて読みたい関連記事: