『I’ll call him right away.』right と away が合体して別物に

『I’ll call him right away.』right と away が合体して別物に

 

 

right away

 

今日のワンフレーズ:I’ll call him right away.

「right away」で最速の「soon」

 

「I’ll call him.」については

特にむずかしいことはないですね。

「彼に電話します。」となります。

今日のポイントはやっぱり「right away」です。

 

「right」も「away」も

単独の単語としては誰もがよく知っているものです。

ですが、どっちもちょっと注意が必要でしょう。

とても色々な意味をもっているので

いちいち何を指すものなのかを

考える必要があるのです。

ちょっと意味をおさらいしておきましょう。

 

まず「right」

妥当性   :正しい、適切な、表側の

右     :右(翼)の、右へ

適当な要求 :権利、所有権

強意    :すぐに、まさに、すっかり、ずっと等

つなぎ表現 :ええ、いいですか、そうですよね、それじゃ等

 

ざっとこれだけの意味があります。

で、「right away」とする場合は

「強意」の意味で使うことになります。

 

「away」についてはもうなんだかわかりません。

もっともよく使う意味としては

「離れて」とか「不在」なんでしょうか。

スポーツで敵地で行うゲームを「アウェイ」と言ったりもしますね。

その他にも「変化する」「消えてなくなる」等がある中

「ためらわずに」「すぐに」という意味があります。

「right」とくっつくのはこの意味の「away」なのです。

 

「right away」は「すぐに」「直ちに」ということになるんですね。

 

“I’ll call him right away.” =「今すぐ、彼に電話します。」

 

となります。

最速の未来形とでも言うのでしょうかね。

 

 

 

あわせて読みたい関連記事: