I’m leaving for good.

I’m leaving for good.

悲しい言葉です。

その人を永遠に失ってしまう気がして、

一瞬自分だけが置いてきぼりになってしまうような

淋しさに捕われてしまいました。

もともとその人は外国人で、いつかはいなくなることは知っていました。

でも、その時が突然来てしまった時、

ああ、もう会えないんだなというイメージがドスンと落ちて来ました。

それほど重い言葉だと思います。

今でも、電話でそう言われたときのことを思い出してしまいます。

“I’m leaving for good.”「もう帰ってきません。」

” for good ” とは「永久に」とか「永遠に」という意味です。

主に「帰る」とか「永住する」というときに使います。

わたしの友人は、「自分の国に帰って、もうどこにも行かない」

そう言う意味で、わたしに打ち明けたのですね。

一見して for good ⇒ 「良いことのために」って何?

と感じてしまいますが、これでそういう意味になるんですね。

これがイディオムというものなのです。

イディオムは単語ひとつひとつからは

ちょっと想像しがたい意味のことが多いので、

もう覚えてしまうしかないのです。

その都度覚えていくようにしましょう。

余談ですが、似たような言葉で

“I’m leaving you.” っていうのがあります。

これは恋人と別れる時に使ってください。

「別れましょ」なんてね。

 

*動画は「まだ決めていません」のページにあります。

 あわせて見てください。

あわせて読みたい関連記事: