遅かれ早かれ、タバコは止めなきゃ 英語でどうぞ

遅かれ早かれ、タバコは止めなきゃ 英語でどうぞ

今日のワンフレーズ:遅かれ早かれ、タバコを止めなきゃ

「そろそろですよ」という気持ちで

 

早速ですが、今日のフレーズのポイントは

一目瞭然「遅かれ早かれ」です。

もういつ習ったのか忘れましたが、

これはテストにも非常によく出てくるイデオムですよね。

 

はい、どうぞ。

 

「遅かれ早かれ、タバコを止めなきゃ。」=

“Sooner or later, I have to quit smoking.”

 

さてさて「soon」「late」も、

どちらも時間的表現ですが、

「soon」は「まもなく」「もうすぐ」や「(予定より)早く」

「late」は「遅い」「遅れる」という意味ですね。

 

ところが、今日の表現で使われているのは

「sooner」と「later」

どちらも比較級というものですね。

 

比較級になると、

ある時点よりも「早い」あるいは「遅い」

という意味になますね。

 

ということで

日本語の「遅かれ早かれ」にピタリとハマる英語

「sooner or later」が導き出されます。

 

ここで気をつけるポイントは

日本語の「遅かれ早かれ」に引きずられて

「later or sooner」とはならないということ

なんで順番が違ったらいけないのか?

・ ・ ・ ・

さあ、なんででしょう。

単に語呂の問題なんでしょうか。

一度誰かに聞いてみたいです。

 

「タバコを止めなきゃ」という部分は

「have to ◯◯」を使います。

これは学校で「◯◯しなくてはならない」という訳語で習いますが、

「have to 」には自分の意思は入っていないことに注目してください。

 

今日のフレーズで言うと、

自分は止める気はない、あるいは止められないと思っているけど、

周りからは止めろと言われている、もしくは

頭では止めた方が良いとわかっている場合に出てくる表現です。

 

「Sooner or later, I have to quit smoking.」と思っていらっしゃる方。

「I quit smoking.」に変わるとイイですね。