英会話一日一言『Ta-da!』は「タダ」じゃないよ

英会話一日一言『Ta-da!』は「タダ」じゃないよ

効果音もこんなに違う!英語と日本語

 

ご存知の方は多いでしょうが、

今日は「Ta-da!」について考えてみます。

ここまで言えば十分なんですが、

そこをしつこくやってみましょう。

 

Ta-da!」または「Ta-dah!」と書かれることもあります。

発音としては「タダー!」とか「タラー!」と聞こえるでしょう。

これは、よくネイティブの人が「d」や「t」の音を滑らせて「l」の音に聞こえるというだけのことです。

「get out」が「ゲラウッ」と聞こえるのと同じ。

 

文字自体には特に意味はなく、日本語の「じゃじゃーん!」とか「じゃーん!」に当たる効果音で、

何かを他人に披露したり、自慢する際に、両手を広げるポーズとともに発します。

きっと、もともとはトランペットのファンファーレ的な音を模したものでは?

と推察されます。

日本の「ジャーン」は銅鑼(どら)の音なんでしょうね?

 

Ta-da!」と同じような効果音が他にもあるかな?といろいろ探してみたところ、

漫画で人を殴るシーンなんかで日本語の「ボカッ」「ドシッ」「バーン」というような音が「pow」だったり

マジックでモノを消すときの「フッ」は「poof」だったりと、チラホラ見つかるものの、

いわゆる「オノマトペ」的なもの、擬音というものは、日本語には無数にあるのですが、

英語は、擬音そのものが動詞化しているものが多いですね。

例えば「キラキラ光る」はそのまま「twinkle」とか、ドアを「コンコン」が「knock-knock」とか……。

そういうのがたくさんあります。

興味があれば、日本語のこの音は英語でどういうのかな?など、調べてみると面白いと思います。

それが、英語では、単なる擬音ではなく、ひとつの単語(主に動詞)として通用するので、ボキャブラリーも増えるということにつながります。