お手洗いは廊下をまっすぐ行ってすぐのところです。

お手洗いは廊下をまっすぐ行ってすぐのところです。

これ、海外に旅行に行った時、絶対覚えておきたいところです。

“The restroom is right down the hall.”

今日はいきなり答えを先に書きました。

なぜか。

それは、こう教えられて、勘違いしてしまう人が非常に多いからです。

上の文章には “right”=右 と “down”=下へ行く というふたつの

一般的に方向を指す単語が含まれています。

ここが日本人にとっては落とし穴になるのです。

「言われた通り、右に行って下に下りたけど、トイレなかったよ」

そういうことになりかねません。

トイレ

本当はどういう意味なのかと言うと

“right” 「すぐ」という強調の意味で、

“down the” は「まっすぐ行ったところ」

“hall” は “hallway”=「廊下」の略です。

特に ”right” は本当によく使います。

“right here”=「ここ」

“right there”=「そこ」

など、単に ”here”  “there” ではなく、

「それはもうピンポイントでここなんだ」

というぐらいのニュアンスです。

だから

“The restroom is right down the hall” は

とても分かりやすく、親切に教えてくれているのだということを

覚えておいてください。