英会話一日一言『This place is kind of creepy.』親切なcreepy って何?

英会話一日一言『This place is kind of creepy.』親切なcreepy って何?

「kind of」は「親切」でも「種類」でもなく……

 

今日のポイントは「kind of」と「creepy」です。

まず、「kind of」について。

kind」単独だと、1「親切な」「思いやりのある」、あるいは2「種類」

という意味なのに、

kind of」で副詞的に

(明確な表現を避けて)「ちょっと」、(まあ)「なんて言うか」「言ってみれば」

「なんだか」「なんか」「何となく」というような使い方をします。

上の2「種類」という意味から「〜のようなもの」が連想されることが

分かりますよね。

kind of」は、そこら辺から生まれた表現です。

creepy」はもちろん、「creep」の形容詞形ですが、

もともとは「ゆっくり動く」とか「這う」というような意味から

嫌なヤツ」「不気味なヤツ」が生まれて来たのでしょう。

で、「creepy」はお化けが出そうな薄気味悪さを感じて「ぞっとする」「身の毛のよだつ

という意味になったと思われます。

 

ということで

This place is kind of creepy.“ =「ここはなんだか気味が悪い。

ということになります。

面白いですね。

とにかく、「creepy」はともかく

kind of」は非常に使い勝手のある言葉です。

ネイティブの会話をよく聞いていると、

kind of」を異常に連発する人もいたりします。

日本語の会話でも「なんか〜」とか「ちょっと〜」を言いまくる人

いますよね。

言い過ぎるのはどうかと思いますが、

それぐらいネイティブらしい表現だとも言えるでしょう。

なんか、そんな感じです。 🙂

 

あわせて読みたい関連記事: