Vocabulary Builder: Unit1-3 ホストとホテルは同じ?

Vocabulary Builder: Unit1-3  ホストとホテルは同じ?

 

やっちまいました。

三日坊主。
また。
これだから自分が信用ならないのです。
だかしかし、ここで止めたらもっとダメなので、これからはあんまり気負わず、無理せず、できるだけの事をしよう。 っと、自分を慰めつつ、
ゆっくりペースでやってきましょう。
昨日、facebookページにはじめていいね!をつけてくださった方がいました。
最初のひとりです。
こんなにうれしいとは思いませんでした。
少なくとも、ひとりの人には見てもらえてるって思うと、
いままでよりもちょっとやる気が増します。
ありがたいことです。

さ、それでは続きを行きましょう。
前回途中で終わってた HOSP/HOST の項を最初から載せます。

***** ***** ***** * * * ***** ***** *****

HOSP / HOST
ラテン語の hospes から来ています。この語幹である hospit- は”host” (主人)と “guest” (客)両方の意味を持っています。ここから派生した言葉が英語やフランス語にはたくさんあり、ときに -pi-が取れて、host- だけが残っていたりします。Hospitality (親切なもてなし)は良い主人が客に提供するものですね。hospital (病院)はその昔は巡礼者や旅人をもてなす施設だったり、老人のためのホームでした。

————————————————————–

hostage/hɑ́stɪdʒ|hɔ́s-/名詞
1 人質; U人質状態
2 ⦅古⦆質物(しちもつ), 抵当.
* The kidnappers released their hostage unharmed once all their demands were met. (誘拐者達はすべての要求が満たされると、人質を無傷で解放した。
戦争で、敵同士が休戦や協定を破られないことを確かめるために捕虜を交換することがあります。

hospice/hɑ́spɪs|hɔ́s-/名詞
1 ホスピス 〘末期患者用の特別施設〙.
2 ⦅古⦆(旅行者用の)宿泊施設.
* Uncle Harold was moved to the hospice only after my aunt had almost collapsed with exhaustion while caring for him. (ハロルドおじさんは、おばさんが看病疲れで倒れる寸前になって、やっとホスピスに移された。)
中世期、ホスピスは修道士や修道女によって運営され、旅人や貧しい者に食事と寝る場所を与えていました。現代では、ホスピスは自宅療養が難しく、医療では命を救う事のできない重病、例えばガンやエイズの不治の患者を看護する機関です。最近アメリカでは、徐々に “home hospice care” (在宅ホスピス)を選ぶようになってきました。看護師やボランティアが訪問ケアをしながら、余命を家庭で過ごすという選択が増えているようです。

hostel/hɑ́st(ə)l|hɔ́s-/名詞
1 =youth hostel.
2 ⦅主に英⦆(学生などの)寮, 寄宿舎
▸ a Y.M.C.A. hostel キリスト教青年会宿舎
* Generations of American college students have traveled through Europe cheaply by staying at hostels instead hotels. (アメリカ人は学生時代にヨーロッパを旅行する際、ホテルの代わりにホステルに泊まって費用を節約します。)
全ヨーロッパと、世界のある地域では、若い自転車旅行者、ハイカー、カヌー椅子となどのために、ユースホステルが安く安全な(ただし静かだとは限りません)宿を提供しています。合衆国には200カ所を越えるユースホステルがありますが、その多くはニューイングランドにあります。世界中で見ると、5,000箇所ものユースホステルがあります。

inhospitable/ɪ̀nhɑspɪ́təb(ə)l, –́—|ɪ̀nhɔspɪ́t-/形容詞(↔hospitable)
1 〖通例名詞の前で〗(気候条件が悪いため)住むのに適さない, 吹きさらしの.
2 【生物にとって】生存に適さない «to» ; もてなしが悪い.
* Shot down by goverment agents, the smuggler struggled for survival on the rocky, inhospitable island. (政府職員によって島が閉鎖されたため、密輸業者達は岩だらけで生存に適さない島で生存の危機にと戦うこととなった。
あるもてなしの悪い主人が、客を歓迎していないという意思表示をするために、わざと居心地を悪くしました。デス・ヴァレーや南極大陸のような住むのに適さない地域は、不毛で過酷な気候条件も関係するでしょう。同じような状況として、ある国は “inhospitable in democracy” (民主主義に適さない国)と呼ばれます。企業でも新しいアイデアが通らないとき、このような呼ばれ方をすることがあるそうです。

あわせて読みたい関連記事: