Vocabulary Builder: Unit1- 5 クライムで罪のなすり合い

Vocabulary Builder: Unit1- 5 クライムで罪のなすり合い

 

crime

 

1週間ぶりの更新です。
さっきGoogle 翻訳で「三日坊主」を調べてみたら、”unsteady worker” と出ました。” three days monk” とならないところがさすが、と感心したり、めっちゃ普通と思ってみたり。
自分がまさに unsteady worker なんだと思い知りつつ、台風一過の空を見上げるのでした。

ちょっと間が空きましたが、続きをいきましょう。

***** ***** ***** ***** ***** * * * ***** ***** ***** ***** *****

CRIM
ラテン語で “fault or crime” (咎または罪)、”accusation”(責め)という意味から来ていて、crime や criminal のような英語の言葉があります。

————————————————————————————————

criminology/krɪ̀mɪnɑ́lədʒi|-nɔ́l-/名詞
犯罪学
* His growing interest in criminology led him to become a probation officer. (犯罪学への感心の高まりが彼を保護観察官になることへと導いた。)
犯罪学には、犯罪心理学、犯罪の社会的環境、禁止と防止、捜査と摘発、逮捕と刑罰といったような、犯罪と方執行機関のすべての側面についての研究が含まれています。criminologists (犯罪学者)というと通常、学者や研究者のみを指しますが、この単語に対しては、立法者、ソーシャルワーカー、保護観察官、裁判官など、多くの犯罪にかかわる人々についても含まれるのではないでしょうか。

decriminalize/dìːkrɪ́mɪnəlàɪz/動詞
〈麻薬など〉を違法な物の対象からはずす, 解禁する.
* An angry debates over decriminalizing doctor – assisted suicide raged all day at the statehouse. (医師の自殺幇助の合法化についての熱い議論は、議事堂において1日中続いた。)
多種の「被害者なき犯罪」( 個人賭博や薬物使用のような、直接他者に被害を与えない犯罪)の非犯罪化は、法制度上の負担を減らし、犯罪者への金の流れを減らす事ができると主張する保守派、リベラル派どちらからも推奨されています。非犯罪化はしばしば合法化と区別されます。交通違反切符などのような小額の罰金を必要とする、あるいは商品やサービスの実際の販売は違法としたまま、使用や所持にのみ適用される場合があるからです。

incriminate/ɪnkrɪ́mɪnèɪt/動詞
1 …に罪があると訴える, …を有罪にする
2 〖~ A as B〗AをB〈良くないことの原因〉とする.
* The muddy tracks leading to and from the cookie jar were enough to incriminate or a fault.(クッキーの壺へと行き交う泥のついた足跡が彼らの有罪を物語っていた。)
“incriminating evidence”(有罪の証拠)という言葉をよく耳にしますね。容疑者を犯罪と強く結びつける類のものです。口頭証言は容疑者を犯罪現場に置いて、犯行の様子を述べさせることで有罪であることを固めてゆく作業です。あるいは、a virus has been incriminated as the cause of a type of cancer (あるウイルスがある種の癌の原因とされ)、the television has been incriminated in the decline in study skill (テレビが学力の低下の原因とされ)ます。

recrìminátion 名詞
具体例では~s〗非難(の言葉), 泥仕合.
* Their failure to find help led to endless and pointless recriminations over the responsibility for the accident. (助けを呼ばなかった事が、事故の責任をめぐる、限りなく続く無意味な言い争いを招いた。)
言葉の攻撃から身を守るための言葉の反撃は、物理的自己防衛と同じぐらい自然なことです。事故があったときそれに関係する者同士がお互いを罵李あう事も然り、夫婦の離婚の際、子供の親権をめぐって交わされる泥仕合も然りです。

あわせて読みたい関連記事: