『wait up!』は単なる「wait!」とどう違う?

『wait up!』は単なる「wait!」とどう違う?

 

今日のワンフレーズ:wait up!

なんで「up」なのか

 

結論!

たいして違いはありません。

主にアメリカでよく使われるフレーズのようですが、

「待つ」という基本的意味には変わりありません。

 

ちょっと辞書で見てみましょう。

wait up (for someone or something)

1. Fig. to stay up late waiting for someone to arrive or something to happen.
    【帰宅する人を】(夜遅くまで)寝ないで待つ(stay up) «for»
         I’ll be home late. Don’t wait up for me.
         We waited up for the coming of the new year, and then we went to bed.
2. Fig. to wait for someone or something to catch up.
      ⦅米くだけて⦆〖通例命令文で〗(人に追いつこうとして)ちょっと待って.
         Hey! Don’t go so fast. Wait up for me.
         

wait (for someone or something)

to stay somewhere until something happens or someone or something arrives.
〈人が〉A〈人物事〉を待つ, 待ち受ける
           I’ll wait for you for an hour or so.
           I don’t want to wait.

 

というように、

まずおさえておくことは

wait up」には2つの意味があるということです。

 

up」の原義には「(低い位置から)上の方へ[に]」があって

基本的に「上へ」「上がる」という意味になるんですが、

「起きて」「目覚める」という意味もあります。

 

stay up」というと「起きたままでいる」「起きている」

ということになります。

 

ですから、1. の意味では

この「up」が後ろについた「wait up」ということになります。

「起きて待っている」ですね。

 

ということで、今日のフレーズで紹介した「wait up」は

2. の意味となります。

 

wait up」は通常命令文としてつかわれる

というのがミソなんですが、

 

同じように「wait」を命令文として使った場合で考えると

wait!」が文字通り「待って!」という意味なのに対して

wait up!」 =「ちょっと待って!今行くから」

というニュアンスになるのです。

 

なんで「up」なんだろう……とか考えてると

使えなくなっちゃいます。

このままリズム感覚で覚えてしまえばいいのです。