お仕事は、具体的に、どういうことをされているんですか?

お仕事は、具体的に、どういうことをされているんですか?

 

「お仕事は何をされているんですか?」

というフレーズは、以前もやりました。

今日は、もう少し踏み込んで、「具体的に」訊くときの表現をやってみましょう。

簡単です。

「お仕事は、具体的に、何をされているんですか?」 = “What do you do, exactly?”

「exactly」を最後につけるだけです。

「exactly」「正確に、具体的に」という意味で使います。

だから、人に何か、そうですね、住所や場所などを訊きたいとき

“Where do you live, exactly?”  というように訊くことができます。

 

今日の「exactly」の一番難しいところは、発音ではないでしょうか。

ご覧の通り、このちょっと長めの7文字の中に、母音は「e」と「a」2つしかありません。

あとは全部子音です。

必ず「子音+母音」の音から成り立っている日本語。

これに慣れている日本人には、どうも子音のみの発音が難しいんですよね。

発音する音をそのまま表記することを試みると、「いgざktlいー」こんな感じになるでしょうか。

「g」「k」「t」はいずれも飲み込むような音なので、

極端に言うと「い・ざ・りー」と発音してちょうどいいかもしれません。

正しい発音を何度も聴いて何度も言ってみるのが、一番良いでしょう。