どんなところなんですか?

どんなところなんですか?

 

「◯◯に行ったことありますか?」の問いに対して、「行ったことありません」

というところまで来ました。

じゃあ、次。

「行ったことありません」で終わると、そこで会話が途切れてしまいますよね。

この後の会話が、人と人との繋がりを深めるのです。

相手が何を言うかを待つのではなく、積極的に自分から話題をふってみましょう。

「どんなところなんですか?」= “What’s it like there?”

ここで出てくる「What’s it like? 」は他にも結構応用ができます。

“What’s it like?” =「(それって)どんな感じ(のもの)なの?」

「it」 の代わりに何でも入れられます。

“What’s spacewalk  like?” =「宇宙遊泳ってどんな感じのものなの?」

“What’s she like?” =「彼女ってどんな人なの?」

などのように、質問の幅がぐっと広がります。

ぜひ前回の “I’ve never been there.” “What’s it like there?” をセットで覚えましょう。

 

 

 

 

あわせて読みたい関連記事: