『Word – of – mouth』「口の言葉」と書いてなんと解く?

『Word – of – mouth』「口の言葉」と書いてなんと解く?

 

word of mouth

 

今日のワンフレーズ『word – of – mouth』

口伝えのコミュニケーションから生まれた造語?

 

「word – of – mouth」はそのまま日本語にすると「口の言葉」となります。

このままでは何のことかわかりませんが、

言われてみれば、なるほどその通り! というのが今日のフレーズです。

 

「word – of – mouth」=「口コミ」

 

そもそも日本語の「口コミ」とは、

「マスコミ」との対比から生まれた造語のようです。

「マスコミ」=「マス・コミュニケーション」(mass communications)

これがいわゆる『大衆伝達』というもので、

それとは異なり、

「人の口から口へと伝達されるもの」

「口・コミュニケーション」→「口コミ」と、

半分ダジャレ的な言葉が造られた!

という説が有力です。

ただ、「口コミ」と同時に「手コミ」という言葉も造られてたそうで、

口で語って伝える情報を「口コミ」

活字による情報伝達を「手コミ」と言ったそうです。

現在では、ブログやSNS、BBSに書かれる情報や意見も、

全部含めて「口コミ」と言いますが、

もともと、そういう流れがあったんですね。

 

「word- of – mouth 」の使い方例としては

“The news was spread by word – of – mouth.

(そのニュースは口コミで広まった。)

のように、

前に「by」をつけて、「口コミによって」となることが

多いようです。

 

以上、今日は簡単でしたね。