『You deserve it.』良い意味でも悪い意味でも

『You deserve it.』良い意味でも悪い意味でも

 

今日のワンフレーズ: You deserve it.

「◯◯に値する」人の評価

 

ちょっと前に、同じ日本語の「自業自得」という意味で

“It serves you right.” というのがありました。

この場合だと、

「it」が何となく「天から誰かが見ている」イメージなんですが、

今日のフレーズの場合は

ジャッジするのは話している本人。

 

“You deserve it.” =「自業自得」

 

「自業自得」というと

何となく悪い印象がありますが、

辞書で見ると「deserve」

「〜に値する」「ふさわしい」

という意味だということでわかるように

「You deserve it.」はもともと

相手が何かとても良い行いをした場合に

褒め言葉として使います。

「よく頑張ったね」「頑張ってたもんね」

という含みを持っているんですね。

 

これを皮肉っぽく使うというところが今日のポイント!

ひどい目にあった人に向けて、

「ざまあみろ」的意味合いを込めて言い放つのです。

“You deserve it.” と。

これはひどい仕打ちを受けた人に対して

「あなたは、そんなひどい仕打ちを受けるに値する人間なのよ」

と、言ってやった言ってやった! みたいな

意地悪発言に変身するのです。

 

ということで、

どちらの意味でも使えるフレーズなので

言う時はそれぞれの場合の気持ちを

ちゃんと込めて言う必要があるでしょう。

ちょっとむずかしいかも知れませんが、

やってみてください。

あわせて読みたい関連記事: