『Will you be my Valentine?』と告白する?

『Will you be my Valentine?』と告白する?

 

valentine

 

 

今日のワンフレーズ:Will you be my Valentine?

2月14日より前に言っておくべき?

 

気づけば今日は2月14日。

バレンタインデー【St. Valentine’s Day】ですね。

まったく関係ないので忘れてました。ははは。

 

早速今日のフレーズについて考えましょう。

 

恋人へのメッセージもこれで決める?→ 大人の英会話倶楽部

 

“Will you be my Valentine?”=「僕の恋人になってくれる?」

 

そもそも「バレンタイン」というのが人の名前であることは、

どなたもご存知のことでしょう。

St. Valentine =聖人ヴァレンタインなんですが、

今日のフレーズではこの「Valentine」を

」の象徴として捉えていて、

「Valentine」=「恋人」「特別な人」

という意味で使っています。

 

日本で言うところのバレンタインデー

主に女性が男性に愛の告白とともにチョコレートを贈る日

というのが定着していますが(最近はちょっと違ってますけど)、

 

欧米では、St. Valentine’s day

恋人同士がお互いにプレゼントを贈る日という考えが主流です。

大抵は男性から女性に贈り物をしたり、おもてなしをする日なんですね。

 

すなわち、ヴァレンタインデー

告白したのでは間に合わない訳です。

それ以前に恋人関係をつくっておいて、

バレンタインの日は、

恋人として甘い時間を過ごさなければなりません

 

ということは

“Will you be my Valentine?” というフレーズは

いつでも使える告白の言葉ということになります。

 

もちろん、今日告白するっていう人も、

これ使ってくださいませ。

 

 

ところで、St. Valentine についておもしろい

というか、ちょっと残念な事実があります。

 

ヴァレンタイン(Valentin)あるいはウァレンティヌス(Valentinus)

3世紀頃のキリスト教聖職者なんですが、

もともとウァレンティヌスと恋人たちには何の関係もありませんでした

15世紀にジェフリー・チョーサー

恋人とバレンタインデーを結びつけたのがきっかけで

恋人たちの守護聖人のように語られるようになったんだそうです。

 

カトリック教会では1969年まで2月14日を

聖ウァレンティヌスの殉教(亡くなった)日としていましたが、

その年の典礼改革で

歴史上実在が明らかでない聖人たちが整理され、

現在のカトリック聖人暦には

ヴァレンタインの日(St. Valentine’s day)はないんですって。

 

だとすると、なんとなく

キリスト教聖人の命日を仏教徒の自分がどうのこうの言うのは変だ!

という屁理屈を言って

ヴァレンタインデーを回避してきた私って

ちょっとかっこ悪いなあ……

 

と、ヴァレンタインの日に思ったのでありました。

 

 

気の利いたフレーズも教えてもらおう→大人の英会話倶楽部