始まりはここから 「韓国語教材 カナタコリアンfor Japanese」

始まりはここから 「韓国語教材 カナタコリアンfor Japanese」

 

 

語学教材はいろいろ出てます。

学校や先生によって、使う本は様々ですから。

でも、大抵は先生がついていなくては使えない教科書だったり、

きちんと解説がついていないものだったり……。

その点、この教材は、とにかくひとりでも勉強できるのが良いです。

CDを何度も聴いているうちに正しい発音が身に付くし、

韓国語と同時に韓国の文化についても勉強できるのも良い!

レベルが上がればそれに対応する教科書が上にはどんどん用意されています。

ピアノレッスンでバイエルから上達するに連れ教本がレベルアップするように、

韓国語も本のレベルが上がる度に喜びが湧くのです。

まずは初級から。

やればやるほど自分で伸びてるのが分かりますよ。

 

あわせて読みたい関連記事: