福士蒼汰くんのイタリア語と英語のスピーチにびっくり!お上手〜!!

福士蒼汰くんのイタリア語と英語のスピーチにびっくり!お上手〜!!

福士蒼汰くんの英語力+イタリア語力(?)にびっくり!

たまたま見つけた動画に驚いたので、

興奮がさめないうちにちょっと書いておこうと思います。

最近とても人気の福士蒼汰くん。

爽やかな笑顔がとてもいい。

11月15日公開の映画『神様の言うとおり』

イタリア・ローマ国際映画祭コンペティション部門に出品され

その記者会見の場でのスピーチを

福士蒼汰くんはイタリア語と英語でやったんですよね。

その模様がこれ。

 

http://youtu.be/CJYkkBWGLi8

ほんと、驚きました。

たとえ、一所懸命丸覚えしてやったのだとしても、

耳と口がその言語の音に慣れていなければ

絶対ここまでできないでしょう。

よく、ドラマや映画で大失敗してる俳優さんの外国語を耳にしますもの。

これができるということは、

彼は日常的に発音に馴染んでいるということ。

素晴らしい!

イタリア語はね、ほんとに聞いた文章をそのまま覚えた感がありました。

しかし、むしろこれだけ聞くに耐える挨拶ができたことがスゴイ。

でも、英語は本当にちゃんと自然にしゃべっていたんじゃないでしょうか。

自分の言葉でスピーチできてましたよね。

 



英検2級の実力はどこから?

ああ、この子ひょっとすると帰国子女?

と思ったら、違うんですってね。

以前彼がテレビで「おすすめの英語勉強法」について

こう答えたそうです。

 

「まず単語がわからないと何を言っているのかわからないので、単語帳を買いまして・・・。

1から全部、簡単な単語から全部読んでいって、それも通学の時間がいいですね、一番。

有効に使える時間としては。通学時間にばーっと目を通す。

200単語くらいを。そして帰りに次はその単語をチェックしながら勉強していくんですよ。

で、実は行きの電車では発音もした方がよくて・・・。

満員電車の中ブツブツとしゃべりながら登校してました。

それでやっぱり発音してると、

どんどんスペルがわかってくるので是非口に出して単語を勉強してください。」

 

これは、正解!

正しい発音を知っていれば、スペルとストレス、イントネーションが分かります。

この感覚をすべての人、特に中高生に身に着けてほしい。

これがわかってからは、

よく単語のテストで

「第1ストレスに◯をしなさい」なんてのがありましたが、

なんであんなものを難しく思ってたのか不思議なくらいです。

彼は本当にちゃんと勉強したんでしょうね。

中学の時、英語の先生に発音を褒められて英語が好きになり、

高校2年で英検2級を取るまでになるんですから、

大したものです。

これはもう彼にとって、英語は勉強じゃなく趣味だったのだろうと思います。

 

発音ができれば何とかなる!

びっくりするぐらい流暢な日本語を話す外国人に

おお〜〜!と思うこと、よくありますよね。

逆も然り。

きれいな発音でその国の言葉を話せば

向こうだって一瞬にしてこちらに注目します。

発音は武器です。

書けるけど喋れないより、書けないけど喋れる方が

よっぽど強いのです。

だからまずは、耳と口の筋肉を、

その言語にアジャストすることを心がけましょう。